手術の日にちが決まって、乳ガンの手術をするという実感がわいてきて、現実味を増してきました。

あぁ、私の可愛いオムネちゃんが、ちくびちゃんが、もうすぐなくなってしまうんだと。


そう思いながら、しこりのある左胸をさわると、涙が込み上げてくるのです。

今まで、全然悲しくならなかったのに。


私がいまだにパパ、ママと呼んでいる両親にもらった、健康的でかわいい身体を切らなきゃいけないんだなぁと思うと悲しい。

そして、傷痕を見るたびに旦那はきっとかわいそう、と心配してしまうんだろうなぁ…と想像してしまう。


こんなに情緒不安定になったのは久しぶり。

プラス思考で楽天的で、健康的で天然のアホさかげんがウリの(笑)私がこんなにツラい気持ちになってしまうとは…


今日も今日とて仕事でしたが、うわの空で、まともにできませんでした。

迷惑をかけてしまうことよりも、こんなに悩んでいる私のことをわからない周りの人達にムカついてしょうがない。


ガンだ、なんて言ってないんだからしょうがない。


でも、言ったら言ったで全然わかってもらえずおかしい言動ばかりするような、社会不適合な感じの人もいるわけです。

それが上司だったりすると、本当に災難。


一ヶ月前から乳ガンだって言ってるのに、自分が休むために残業させようとしてくるし、深夜番のあと早朝番させるし、


手術してもすぐに働けると思っていて、術後が悪くて入院が長引くかもと何回説明しても、


「精神的に悩んじゃってるから、そう考えてしまうんだね~」

と返されるので、いい加減殴りたくなりました。


ガンって、知ってる…?

余命何年とか、もう手遅れですとか言われるような病気だと思うんだけどなぁ。


先日、今後の治療予定をメールしたら「人命第一です!」という返事が返ってきてまたムカつきました(笑)


でも、他の人達(パートさんとか)の反応は普通だったのでひと安心した今日この頃でした。


あぁ、グチったら少しスッキリした!(笑)\(^o^)/




にほんブログ村



乳がんランキング