抗がん剤やってもやせないし、ドセタキセルで太るし、血圧は高いし、身体の健康状態はどうなんだ?ってことで…


これまでの人生である程度学ぶべき、でもないがしにしてきた基本的生活習慣である“自炊”を少しずつ覚えることにしました。


ガンになってしまってから後悔してからそれを考えるのでは遅いような気もしますが、私の場合、年齢が年齢だけにまだまだ長生きする(したい)予定なので…あきらめずに、地道にやろうと決めました。


まず、バイトできる年になってから、学校の定期代や家に入れるお金・おこづかいのために(両親が離婚して母子家庭なので貧乏)、暇さえあれば働いていて、家事を手伝うことを全く覚えませんでした。


さらに、大学は往復で4~5時間かかるのに、さらにバイトしてたので朝も夜も帰宅は遅くなり、「家事って何?」みたいな感じでした。


ちっとも片付けない部屋でも、全~然、平気になっていました。



また、社会人になってからは新卒で飲食の店長になり忙しすぎたため、自炊や家事をする機会とやる気を完全に失ってしまいました( ̄▽ ̄;)


結婚や同棲を期に、心の変化があれば良かったんですけどね~( ´△`)


ダンナがまた、良いとこのお坊っちゃんで、優しいのなんの。

「俺は、お前に家事をさせたくて結婚したわけじゃない」

と言って、家事をやらなくても怒らないどころか、私が楽できるように食洗機や乾燥機などを買ってくれたり。


働いていたのもあったけど、朝ごはんすらほぼ自炊しておらず、三食とも外食であるのも珍しくありませんでした。

人間疲れていると、しょっぱくて油っこい味の濃いものや甘~いお菓子などを好むそうで多分、それのせいで私は身体をどんどん壊していったんだと思います…( ω-、)

コーヒーにも、コーヒーフレッシュを二個使ってたし…(|||´Д`)※やってる人は、ぜひやめましょう


ごくまれに、たまーに、気が向いた時にお弁当を作ったりもしたけど…


全然、長続きしませんでした。


それもそのはず、お弁当作りとは、朝の忙しい時間に、“入れるおかず”がないと始まらないのです。

朝ごはんを作れないのにお弁当を作るなんて無理だって事が、今ならわかります。

※↑全部冷凍おかず使うなら、外食の方がマシじゃね?って考え方に基づき。


ですが今年の正月に、ダンナから久しぶりのリクエストで「毎日お弁当を作ってほしい」と言われて以来、奇跡的にずっと作れています。

KIMG4086


↑菜の花からし和え+鶏ハム、きんぴらごぼう、赤黄ミニトマト、お土産でもらったままかりのゆず風味、のり弁‼️


理由を考えてみると、①ダンナは事務職に変わり毎回9時出勤になり、毎日変則的ではなくなったこと。②また、今日働いたら泊まって次の日の昼~夕方に帰ってきて、次の日はお休みのため、お弁当は3日に1回でOKなこと。③お弁当がないと、仕事が多忙過ぎて食堂の営業が終わってしまうことが多いらしいのでカップ麺とかになってしまうこと。④疲れると、またまたカップ麺とか味の濃いものしか食べれなくなるダンナの健康が心配なこと。


私が作ったお弁当なら、いつでも幸せに食べられるそうなので、これからもがんばりたいと思います。


お弁当作りを継続するようになって変わったのは、毎日の買い物が“お弁当を前提とした食材購入”となったこと。


ご飯に合いそうな漬物類、佃煮類、冷凍おかず類をベースに毎日のご飯を作らないといけません♪


どんなに不細工でも良いので、毎日失敗を繰り返しながら、上手になっていきたいです😃💕


ものぐさで怠け者で、1日寝っ転がってても罪悪感を感じないダメ人間から脱却したい‼️(;^_^A



にほんブログ村



乳がんランキング