KIMG7698
↑二王子岳山頂、この旅行で最後の山。・・・超つらかった(笑)



やっと、東北・北海道旅行の最終日にたどり着きました(;´Д`A ```

どうぞ、退院後一週間ちょい〜約二週間の長旅の締めくくりですので読んでやってください。。


DSCF2288



夕張岳登山を終えて、超ギリギリすべりこみセーフでフェリーに乗り込んだ私達。

それはそれは結構な大きいフェリーで、船内に大浴場やトレーニングマシンがあったり、レストランやお土産屋さん、ライブやイベントの会場があったり。


KIMG1864


クイズラリー、ビンゴ大会、生演奏ライブなどのイベントは全部参加し、海を見ながら入れるお風呂も結構満喫できたんじゃないかと思います。

船も大きいからあまり揺れず、見てるだけで船酔いしちゃううちのダンナクラスの人でなければ、これに乗るだけでも楽しめちゃうかも。


DSCF2326

船上から見る夕陽もきれいでした。

ただぼーっと海を眺めるの、大好き!


船が新潟に着いたのは9時過ぎ、もう、登山するには遅すぎる時間です。

それでもダンナはどうしても最後にもう一個登りたいらしくって、帰りのルート的にも最適な山“二王子岳”に決定。


KIMG1876

ご飯を買ったりなんだりしていたら、登山開始は11時くらいになってしまいました。

神社にご挨拶して、出発!


KIMG1874


暑い・・・とにかく暑いという言葉が口から出る。なぜだ?と思うくらい。


そうだ・・・北海道に、一週間もイタカラダ・・・・・!!!


ホント、毎日のように山に登っているから体力はあるのに、北海道はとても涼しかったので、ここにきて暑くてバテました。(新潟でこれじゃ、関東に帰ったらどうなっちゃうんだよォ〜!!)


KIMG1891



地図の一王子神社にたどり着く前に、「もう帰りたい」と何度も引き返そうとする始末。


ダンナも汗だっくだくなのに、私が本当に帰る意思を持つまでは引き返しませんΣ( ̄ロ ̄lll)ヒィー


KIMG7627


信じられないくらいバッテバテだった私が、なぜその後に歩き出せたのか、覚えていないくらい不思議ですが、突然フッと静かに歩きだし、とてもゆっくりでしたが登り始めました。


地図で、二王子岳の傾斜を見ていただければわかりますが、とにかく頂上まで登り一辺倒。きついんですよ・・・標高も低いしね。

しかも真夏、一番暑いとニュースで噂になったような日でした。


KIMG7629


赤トンボがたくさん飛んでいました。私のストックに乗ってくれた


ゆっくり歩いたおかげか、汗はかくけれどその暑さにも慣れてきて、トンボやキレイなお花たちも味方してくれて、元気を取り戻しました


KIMG7660


夏の山はホントに素晴らしい。

自然の豊かさを感じる、色鮮やかで美しい景色を見せてくれます。


KIMG7713

山頂に着いたのは14:30過ぎ。。。。遅すぎ(;^_^A


青天の中、逃げ場のない開けた山頂で全身に紫外線をたっぷり浴びながらお弁当を食べました。

※金属でできた小屋があったけど、蒸し暑すぎて煮えるくらいの温度だったので入っていられませんでした。


すっごく疲れていたので、それでも30分は休憩してしまった。


KIMG7742

ちょっとした池があって、生き物の住みかになっています。

ポコポコした山と、線になった登山道が絵になりますね〜



KIMG7771


帰り道も、たくさんのトンボが道を先導してくれて、神社まで私達を見送ってくれました。


下山は17:30頃、遅くなっちゃったけど、夏は陽が長いから助かるゥ!


KIMG1906

ちゃんと温泉で疲れをとりました。

新発田(しばた)の月岡温泉、共同浴場“美人の湯”。

入浴剤?!ってレベルの緑色の温泉でしたが、肌に優しい湯心地で、疲れに効いた気がします


KIMG1910


そのあとは美味しいご飯を食べて帰宅!🚙💨【さいとう食堂】



この旅は、私が乳がんで左胸の全摘手術をして、退院して1週間チョイ位の【7/13】から始まり、7/26までのちょうど【二週間】にわたって続きました。


オムネがなくなる手術はやはり結構な大手術で、まだ傷も癒えていなくてむしろ心身ともに一番痛い時に“よく行ったなァー”と思います。


だけど、痛い時には痛いことしか考えられないことを思うと、つらいとか苦しいとか、キレイとか美しいとか楽しいとか美味しいとか思えることはすごく幸せなことだと思うのです。


痛いうちにでも(無理のない範囲で)できることから始めて、できることを増やしていくのがリハビリのコツなんだと思います。


登山はとても良いですよ!





にほんブログ村


乳がんランキング