手術からちょうど1週間、ワキバラに刺さった管を2本、抜いてもらえました。


リンパ節を取った身体はただでさえ、痛くて重くてしびれてつっぱって大変なのに、管が刺さっていて気持ち悪くて怖かったのです。

でも管が取れたから、お医者さんたちの言う“運動すると治りが良い”という話を信じて、一階などを徘徊しました。


1週間もおとなしくしてたから、ただ歩いただけできつい。

地味に身体は痛いし、30分くらいでもう休憩。


次の日は、近所に外出しました。

外出許可自体は、手術後3日目くらいに出てたんですがね…

歩くと胸付近に刺されるような痛みが走って、歯磨きやトイレさえおっくうだったから無理無理(ヾノ・∀・`)


病院の近くにスーパーと喫茶店があったので、まず喫茶店へ。

外は日差しが強くて熱中症になりそうなレベルだったから避難していると、ラインにメッセージが。

旦那の会社担当の保険屋さんなのですが、山友になったキャリアウーマンな方です\(^o^)/


時間ができたから、お見舞いに来たいと言ってくれて。

喫茶店で、とりとめのない話を30分くらいしました。


登山の話、レシピの話、みょうがの話…(?)

自転車で仕事へ戻る姿を見送って、涼しいスーパーを徘徊したり、入院費を口座へ移したり。


良い運動と気分転換ができて、シャバへ戻る準備が少しできたかな?そんな感じでした。




にほんブログ村



乳がんランキング