痛くないですか?って言われたら、いてーよ💢って思うのは間違ってるのかなぁ…


患者が「痛い」と言ってて痛いからゆっくり歩いたり動いてても「なにこいつ?」みたいな顔する人もいるんだろうけどさぁ…


でもやっぱり、痛いのが怖い人や、痛くてもがまんできる人もいる。

そして健康な人にこの痛みと怖さは、わからないのに…


でもまぁ、医療従事者には向いてるのかもなぁと思うんだけどね⭐(; ̄ー ̄A



そんな事を思っていたけど、一昨日、朝から同じ部屋のメンバーさん達が話しかけてくれて、相談にのってくれました。

全然世代の違う方たちですが、同じ病気なだけでこんなに話ができるんだなぁと思いました。

そして、自分が思っていた以上に悩みがあって、打ち明けることでこんなにも心がスッキリするのだなと思います。


たしかに、家族や友人とは、この痛みは共有できないし、状況や段階を頭で理解できても身体で経験しているわけではないのです。

自分一人で考えていることを、経験者によって理解されて肯定されることは、心のモヤモヤや不安などを楽にしてくれるのです。



歩くと、胸の辺りに針でギュッと刺されるような痛みを感じて、トイレに行くのも覚悟がいる。

感覚神経がなくなってるから、左側がじわっと気持ち悪い感じがするし、脇腹には管が二個刺さっていてグロテスクでやはりじわっとするし、左脇下もリンパを取ってるからモヤモヤするし曲げ伸ばしができなくて気持ち悪いのです。


それを全部経験してわかる人達と、病気のことから家族のことから趣味の話まで沢山話しました。


初めて会ったばかりの人とするような会話とは思えない、濃い時間でした。


とても、ありがたかったですo(*⌒―⌒*)o



にほんブログ村



乳がんランキング